注文住宅での家づくりにおける夫婦間の衝突

家づくりをしていた頃の思い出といえば、勢いのある旦那と慎重な私で衝突があったことですね。旦那はよくいえば、こだわりがない人で、なんでもかんでも選んで決めるのが早いんですよね。その反対に私は慎重に選ぶ方ですから、選んで決めるまでに時間がかかるというわけなのです(かといって、吟味して選んだ結果、大正解を導けるというわけではないのですれど)。

ですから、家づくりについても旦那はこだわりがないので私が主導権を握ることができて楽でした。しかし毎度選ぶのに長くかかりすぎてしまうので、それが旦那はイラつくみたいでそこで衝突は起こりましたね。

住宅設備を選ぶのにしても、旦那は「なんでもいーよー」「高過ぎなければいいよー」の姿勢ですから、「まだ決めていないの?」とはよく言われましたし。旦那からしたら家づくりに時間をかけ過ぎるのは無駄だというものなのでしょうね。早宮に注文住宅で家を建てたのですが、「建売でいいよ」とよく言われましたから。

こだわりのない旦那との家づくりは、こちらがすべて決められるので楽といえば楽ですが、こだわりがないゆえに一生に一度の買い物だから選ぶのに慎重になることに対して理解がないので困りものだなーとは思いました。まあ、終わりければすべてよしに、今となってはなっていますが。