築23年の中古住宅を購入してリフォームをする際に悩んだのは、どの程度までリフォームするかということでした。

最低限でと思いつつも、一度荷物を入れて住み始めたらリフォームを追加でするのは難しいし、ずっと住む家だからする以上はいい素材で丁寧なリフォームをと思うと、どんどん見積価格が上がってきてしまいました。

まず、ぼんやりとクロスは替えようと思っていましたが、どこまで張り替えるかきちんと考えました。部屋のクロスは天井も含めすべて張り替えるけど、廊下のクロスは張り替えないと決めました。

つい、何万も変わらないのだから廊下もついでにと気持ちはぐらつきましたが、そんなに傷んでいないのだからとしないことに決めました。

そういうふうに気になりだしたらついついしたくなること、思いついていなかったけど業者に相談しておくべきだと思うことを箇条書きにしました。

リフォームの時には、今しかできないこと、しなくてもいいこと、予定の金額の上限をきちんと整理して、雰囲気で決めないことだと思います。

PR|戸建て住宅は注文住宅で建てる