褥瘡(床ずれ)予防方法 ティルト・リクライニング型車いすの姿勢修正方法

介護者が力ずくで相手の体を持ち上げたり、引っ張ったりしようとすると、介助者が腰痛になる可能性ばかりか、利用者に無理に力を加えることで苦痛を与えてしまうリスクも生じてしまいます。
スライディングシートを利用することで、利用者は安全に快適に、介護者は腰を痛めることのないように容易に姿勢修正できる方法を身につけましょう。

ティルト・リクライニング型車いすの場合の姿勢修正方法です。ティルト・リクライニング型車いすの場合はティルト(座面を傾ける)することで臀部の圧の分散をすることが出来きますが、リクライニング(背を倒す)機能がついている車いすで座圧を変える目的だけで機能を使うことは利用者の姿勢を崩すことになるのでしないほうがよいでしょう。

マイぴたホームページ https://mypita-kc.com/

車いす、車いすクッション、クッション、洗えるクッション、クッションサイズ、通気性、立体網状構造体、車いす介助、車いす姿勢、前滑り、ずっこけ姿勢、骨盤の傾き、姿勢修正、姿勢調整、褥瘡、褥瘡予防、床ずれ、ノーリフト、ノーリフトケア、持ち上げない介助、スライディングシート、市川 洌、介助腰痛、腰痛予防

タイトルとURLをコピーしました