起立性調節障害、起立試験2

0

起立性調節障害、起立試験1のつづきです。

起立性調節障害を診断し、サブタイプを判断するための検査方法です。非侵襲的連続血圧測定装置(フィノメーター)と近赤外分光計(NIRO)を用いて、ヘッドアップティルト試験と脳血液量測定を行い、起立時の血圧、脈拍、脳血流等の変化を測定します。

タイトルとURLをコピーしました